2019年10月19日

「試合を観た感想」2019年10/13・ルヴァン杯準決勝第2戦:対札幌

スタメン
GK:東口
DF:高尾・三浦・菅沼
MF:矢島
小野瀬・井手口・倉田・福田
FW:宇佐美・アデミウソン

リザーブ:林・青山・藤春・遠藤・スサエタ・パトリック・渡邉


相手にアウェイゴールを1点献上したものの・試合終了間際に勝ち越しゴールを挙げ、第1戦目を勝利で終えたガンバ。

2戦目は勝ちや引き分けなら文句なしで決勝進出。
負けても得点を1点以上挙げれば札幌は複数点が必要になり・ガンバの決勝進出の確率が上がるが、第1戦目のアドバンテージをいかして悲願の決勝進出を決めることができるか。


今日の対戦相手は、直近の公式戦が2戦連続でガンバ戦でガンバ相手に2連敗を喫している札幌。

自分たちのホームゲームでリベンジを狙ってくるはずだし、まだまだルヴァン杯での勝ち上がりを諦めていないはずだが、そのチームを返り討ちにする事ができるか⁈


スタメン・リザーブは共に4日前のルヴァン杯・札幌戦と同じメンバーとなった。


・結果
→0-1で敗戦


「両者ともに決定力を欠く中、鈴木武蔵の一発に・そしてアウェイゴールのルールに泣く」


前半は一進一退の展開だった。

『勝利が絶対条件とはいえ、必ずしも大量得点が必要という訳ではない札幌』は失点のリスクを犯してまでは攻めてこないし、『相手の得点を0に抑えれば決勝に勝ち上がれるガンバ』も守備からのカウンターというサッカーに努めているため、お互いになかなか波状攻撃とはいかない。

スカパー集計では、前半のCK数はお互いに3本づつだったが・シュート数は札幌の4本に対してガンバが倍の8本を打っており、どれか1本が決まっていれば、より楽に後半を戦えるのになぁと思った。


後半に入ると徐々に札幌ペースに。

札幌のシュートがどんどん東口が守るゴールに飛んでくるようになり、(ここをしのぎきれば、リーグ戦の鳥栖戦のように逆にこちらに勝機がくるのでは)と思って観ていたが、流れが変わってガンバの攻撃の時間帯になっても得点を決めきれず。

今のガンバには「無失点で守りきれる強さ」はないので・相手に1点が決まると厳しいなぁと思わせたが、結局その通りの展開になった。

後半ロスタイムの最後の猛攻時は東口まで相手ゴール前に上がってCKからの得点を狙ったが、札幌に守りきられ・対札幌3連戦においての初の敗戦は「今季も無冠」を決定づける痛い黒星となった。


・交代について 

今日の最初の交代はアクシデントから。

前半34分、足を痛めた宇佐美が退がり・パトリックを投入。
パトリックはそのまま2トップの一角に入った。

この日の宇佐美は惜しいシュートを放つなど期待を抱かせたが、前半終了を待たずにピッチを後にする事になった。

試合後に宮本監督が「宇佐美の負傷退場がなければ…」というようなコメントを残したようで・それは同意見だが、逆に言うと『一人欠けるとチーム力が落ちてしまう・弱くなる』事を露呈する結果となり、『シーズン途中に主力が次々に海外他移籍をし、元ガンバ戦士を中心に寄せ集めたメンバーで戦った今季から、来季はどういうメンバーでタイトルを獲りに行くのか』を考えさせられる結果になった。

代わって入ったパトリックには55分間以上の出場時間が与えられ、札幌に引導をわたすゴールを決める事が期待されたが、ほとんどシュートを打てず。

1点ビハインドになってからは、前線のターゲットマンとしての存在感はあったが、2戦連続でチームに歓喜をもたらすゴールに絡むことはできなかった。


万が一札幌に先制された場合、決勝進出のために渡邉を投入するはず=それならば同点の時点で投入し、前線でボールが収まるようにしてほしいと思ったが、宮本監督はなかなか2枚目の交代カードを切らず。

札幌の鈴木に痛恨の先制ゴールを許した直後の後半34分、矢島に代えてスサエタを投入。
井手口がアンカーにまわり、スサエタは中央の攻撃的MFの位置に入った。

この日の矢島は、宇佐美がピッチを去った後に「可能性を感じさせるCK」を蹴ったりしていたが、残念ながら得点には絡むことなく交代となった。

スサエタはピッチを広く走りまわってチームを勝利に導こうという気持ちは感じさせたが、相変わらず「パスがすごい選手」なのか「シュートがすごい選手」なのか「守備がすごい選手」なのか等が一切わからないままタイムアップとなった。


0-1のまま試合が進み、いよいよ後がなくなった後半40分。

最後の交代はアデミウソン→渡邉。
渡邉はそのまま2トップの一角に入った。

アデミウソンはこの日もカウンターから何度か決定的なチャンスを迎えたが、それをことごとくゴールに沈めることができず。

そろそろ来季の外国人選手の構想も考えなければいけない時期に突入しているが、ゴールという結果に絡むことができないままピッチを退いた。

代わって入った渡邉にはどんな形ででもチームの得点に絡むことが期待されたが、前線でボールを収めることには多少成功したが・チームに得点をもたらすことはできず。
スーパーサブのFWとしては残念な結果に終わった。


この試合の結果、ガンバ大阪は札幌との準決勝を1勝1敗・得失点も同じで終えたが、アウェイゴールの差により敗退が決定。

天皇杯・リーグ戦に続き、ルヴァン杯も獲得できないシーズンとなる事が確定し、あとは残るリーグ戦の6試合で「J1残留」を目指すことになった。
posted by しんじ、 at 02:26| Comment(0) | 試合を観た感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: