2018年05月16日

「試合を観た感想」2018年5/16・ルヴァン杯予選リーグC組第6節:対名古屋

スタメン
GK:林(!)
DF:米倉(!)・三浦・菅沼・初瀬(!)
MF:藤本・マテウス・高江(!)・倉田
FW:ファンウィジョ・長沢

リザーブ:谷(!)・野田(!)・市丸(!)・妹尾(!)・森(!)・食野・中村


リーグ戦ではJ2降格圏内に沈んでいるものの、ルヴァン杯の予選リーグでは自力で予選突破できるところまで勝ちを重ねてきたガンバ。

今日の試合でガンバが勝つか引き分けで予選リーグ突破、負けた場合でも同時刻に行なわれている浦和対広島で浦和が勝つか引き分けで予選リーグ突破というかなり有利な状況だが、しっかり先のステージに駒を進める事ができるか。


今日の対戦相手は最終節を待たずに予選リーグ敗退が決まった名古屋。

リーグ戦でも最下位に沈んでおり、リーグ戦でのJ1残留に向けて今日の試合もメンバーを落として・若手主体で挑んでくるが、そのチーム相手にきっちり勝利を収める事ができるか。


直近のリーグ戦でスタメン復帰を果たした東口やベテランの今野・遠藤、ファビオ・オジェソク・藤春はお休みでベンチにも入らず。

代わりに、直近のリーグ戦ではベンチスタートだった林・初瀬・高江・倉田・藤本+ベンチ外だった米倉がスタメン出場を果たし、谷・野田・市丸・妹尾・森がベンチに入ったが、第5節の広島戦でスタメン出場した泉澤や決勝ゴールを決めた西野、途中出場でゴールを決めた妹尾やベンチ入りしていた山口・芝本・一美はベンチから外れた(矢島・井出・高木は、最近トップチームで全然名前が出てこない…)


・結果
1-4で敗戦。
☆得点:長沢(前半20分)
★警告:初瀬、長沢、食野。


「まだまだ遠藤や今野頼み?!
『得点を取らなければいけない』という明確な試合展開の中、取れない攻撃力は深刻」


今日の試合は「引き分けでも予選リーグ突破」という条件で、試合終了間際の時点で同点なら・戦い方に関してチームの意思統一が必要になるなぁと考えていたらCKからあっさり失点。

これにより、自力突破のためには少なくとも1点以上の得点が必要となり、ルヴァン杯で得点を量産している長沢のゴールで追いついたのは良かったが、その後はほとんど攻撃が機能せず・逆に主力メンバーではない名古屋相手に失点を重ねる様はみじめだった。


それにしてもここ数試合のガンバはなかなか点が取れない印象がある。

また、得点が取れたとしても「個人の力・技」で取ったようなゴールが多く、「チームとして練習してきた形からゴールを奪う」とか「セットプレーから、練習通りに得点を挙げる」というのではない事が多いのが気がかり。

個人技からでもゴールが決まるのは良いことなのだが、チームとしての連動性とかチームとして練習している攻撃パターンからのゴールが生まれないのであれば、チームとしてどうなのかなぁと思ってしまう。

特にリーグ戦ではJ2降格圏内の順位にいるだけに、早くクルピガンバの攻撃が身を結び・勝ち点3につながる事を願うばかりである。



・交代について

1-3で迎えた後半開始時、クルピ監督は二枚同時替えを敢行。

倉田→食野・ファンウィジョ→中村と、「2点ビハインドの状況から逆転勝ちしたルヴァン杯・第5節:広島戦」に出た選手に期待を託した。

今日の倉田は惜しいシュートが2度あったがいずれも得点とはならず。
ファンウィジョに関してはあまり決定的な場面もなく、今後に向けて不安を残した。

食野は左サイドから攻撃を仕掛け、らしさも見せたが決定的な仕事はできず。
逆に思い通りにいかないいら立ちをラフプレーでぶつけ、2試合連続でイエローカードをもらう結果になった。

中村は相手GKに阻まれる惜しいシュートもあったが、これだけ出場機会を与えられているのに・ルヴァン杯第2節の浦和戦以来リーグ戦も含めてずっと無得点なのは残念。

クルピ監督はスーパーサブとして毎試合のように彼を投入しているが、得点という結果をもたらしてくれていないのがチームを苦しい状況に置いている。

もっとも、17才のルーキーにその大役を託している=長い目で見ると楽しみだが・今季のチームの成績や順位という意味では非常に気がかりだ。


自力での突破のためには、最低でも同点に追いつかなければならないのに、逆に1-4と突き放されて迎えた後半25分。
最後の交代は藤本→名古屋から放出されて去年ガンバに加入した森。

藤本はベテランらしくチームを率いたが、思い通りの展開にならない事にいら立ちを見せる場面もあった。

森は藤本に代わって右MFの位置に入ったが、ほとんど効果的なプレーができないまま試合終了。
またも古巣・名古屋の前でいい所を見せる事はできなかった。


この試合の結果、ガンバ大阪は3勝3敗の勝ち点9で予選リーグを終了。
3位で勝ち点7だった広島が浦和に敗れ、勝ち点を伸ばせなかった事により、ガンバ大阪がCグループ2位でノックアウトステージに進出。

6/2と6/9にホーム&アウェー方式で公式戦を戦う事となった(対戦相手は未定)
posted by しんじ、 at 18:53| Comment(0) | 試合を観た感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: