2018年05月20日

「試合を観た感想」2018年5/19・第15節:対浦和

※作成中。コメントは24時間受付中です(^-^)

スタメン
GK:東口
DF:米倉・三浦・ファビオ・藤春
MF:藤本・遠藤・マテウス・倉田
FW:長沢・ファンウィジョ

リザーブ:林・野田(!)・初瀬・高江・妹尾(!)・食野・一美(!)


長かった15連戦もようやく最終戦を迎えたが、その間の14試合は6勝1分7敗(そのうち、ルヴァン杯では2勝2敗)と、ほぼ5割の勝率を収めてきたガンバ。

それまでのリーグ戦が0勝1分3敗とボロボロだったため、まだJ2降格圏内の16位に位置しているが、リーグ戦はここからW杯による中断期間に入るため・なんとか中断前の試合で勝利を収め、少しでも上の順位で気持ちよく中断を迎えたい。


今日の対戦相手は浦和。

ルヴァン杯では1勝1敗の対戦成績で・共にグループリーグ突破を果たした両チームだが、リーグ戦での顔合わせで勝利を挙げるのはどちらか?


直近のリーグ戦では3-5-2のフォーメーションで試合に挑んで1-1のドローに終わったが、今日は4-4-2のシステム。

オジェソクと菅沼と今野と中村がベンチからも外れ、野田と妹尾と一美はリーグ戦では今季初めてベンチ入りを果たした。


・結果

「」


前半は浦和のペースで試合が進み、ガンバサポとしてはもどかしい試合展開だった。

浦和がボールを回してガンバゴールに迫り、それをクリアしてもルーズボールをなかなかマイボールにできずにまた攻めこまれるという苦しい展開。

浦和の決定力不足に助けられたのと、ガンバも徐々にカウンターから相手ゴールに迫る場面を増やしてきたが、こちらも精度を欠いて先制点を奪うことはできなかった。


・交代について

後半に入ってもなかなかゴールが取れず、食野か一美を投入してほしいと思っていたら、クルピ監督は一人目の交代枠として・後半26分、ファンウィジョ→食野。


posted by しんじ、 at 03:08| Comment(0) | 試合を観た感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

「試合を観た感想」2018年5/16・ルヴァン杯予選リーグC組第6節:対名古屋

スタメン
GK:林(!)
DF:米倉(!)・三浦・菅沼・初瀬(!)
MF:藤本・マテウス・高江(!)・倉田
FW:ファンウィジョ・長沢

リザーブ:谷(!)・野田(!)・市丸(!)・妹尾(!)・森(!)・食野・中村


リーグ戦ではJ2降格圏内に沈んでいるものの、ルヴァン杯の予選リーグでは自力で予選突破できるところまで勝ちを重ねてきたガンバ。

今日の試合でガンバが勝つか引き分けで予選リーグ突破、負けた場合でも同時刻に行なわれている浦和対広島で浦和が勝つか引き分けで予選リーグ突破というかなり有利な状況だが、しっかり先のステージに駒を進める事ができるか。


今日の対戦相手は最終節を待たずに予選リーグ敗退が決まった名古屋。

リーグ戦でも最下位に沈んでおり、リーグ戦でのJ1残留に向けて今日の試合もメンバーを落として・若手主体で挑んでくるが、そのチーム相手にきっちり勝利を収める事ができるか。


直近のリーグ戦でスタメン復帰を果たした東口やベテランの今野・遠藤、ファビオ・オジェソク・藤春はお休みでベンチにも入らず。

代わりに、直近のリーグ戦ではベンチスタートだった林・初瀬・高江・倉田・藤本+ベンチ外だった米倉がスタメン出場を果たし、谷・野田・市丸・妹尾・森がベンチに入ったが、第5節の広島戦でスタメン出場した泉澤や決勝ゴールを決めた西野、途中出場でゴールを決めた妹尾やベンチ入りしていた山口・芝本・一美はベンチから外れた(矢島・井出・高木は、最近トップチームで全然名前が出てこない…)


・結果
1-4で敗戦。
☆得点:長沢(前半20分)
★警告:初瀬、長沢、食野。


「まだまだ遠藤や今野頼み?!
『得点を取らなければいけない』という明確な試合展開の中、取れない攻撃力は深刻」


今日の試合は「引き分けでも予選リーグ突破」という条件で、試合終了間際の時点で同点なら・戦い方に関してチームの意思統一が必要になるなぁと考えていたらCKからあっさり失点。

これにより、自力突破のためには少なくとも1点以上の得点が必要となり、ルヴァン杯で得点を量産している長沢のゴールで追いついたのは良かったが、その後はほとんど攻撃が機能せず・逆に主力メンバーではない名古屋相手に失点を重ねる様はみじめだった。


それにしてもここ数試合のガンバはなかなか点が取れない印象がある。

また、得点が取れたとしても「個人の力・技」で取ったようなゴールが多く、「チームとして練習してきた形からゴールを奪う」とか「セットプレーから、練習通りに得点を挙げる」というのではない事が多いのが気がかり。

個人技からでもゴールが決まるのは良いことなのだが、チームとしての連動性とかチームとして練習している攻撃パターンからのゴールが生まれないのであれば、チームとしてどうなのかなぁと思ってしまう。

特にリーグ戦ではJ2降格圏内の順位にいるだけに、早くクルピガンバの攻撃が身を結び・勝ち点3につながる事を願うばかりである。



・交代について

1-3で迎えた後半開始時、クルピ監督は二枚同時替えを敢行。

倉田→食野・ファンウィジョ→中村と、「2点ビハインドの状況から逆転勝ちしたルヴァン杯・第5節:広島戦」に出た選手に期待を託した。

今日の倉田は惜しいシュートが2度あったがいずれも得点とはならず。
ファンウィジョに関してはあまり決定的な場面もなく、今後に向けて不安を残した。

食野は左サイドから攻撃を仕掛け、らしさも見せたが決定的な仕事はできず。
逆に思い通りにいかないいら立ちをラフプレーでぶつけ、2試合連続でイエローカードをもらう結果になった。

中村は相手GKに阻まれる惜しいシュートもあったが、これだけ出場機会を与えられているのに・ルヴァン杯第2節の浦和戦以来リーグ戦も含めてずっと無得点なのは残念。

クルピ監督はスーパーサブとして毎試合のように彼を投入しているが、得点という結果をもたらしてくれていないのがチームを苦しい状況に置いている。

もっとも、17才のルーキーにその大役を託している=長い目で見ると楽しみだが・今季のチームの成績や順位という意味では非常に気がかりだ。


自力での突破のためには、最低でも同点に追いつかなければならないのに、逆に1-4と突き放されて迎えた後半25分。
最後の交代は藤本→名古屋から放出されて去年ガンバに加入した森。

藤本はベテランらしくチームを率いたが、思い通りの展開にならない事にいら立ちを見せる場面もあった。

森は藤本に代わって右MFの位置に入ったが、ほとんど効果的なプレーができないまま試合終了。
またも古巣・名古屋の前でいい所を見せる事はできなかった。


この試合の結果、ガンバ大阪は3勝3敗の勝ち点9で予選リーグを終了。
3位で勝ち点7だった広島が浦和に敗れ、勝ち点を伸ばせなかった事により、ガンバ大阪がCグループ2位でノックアウトステージに進出。

6/2と6/9にホーム&アウェー方式で公式戦を戦う事となった(対戦相手は未定)
posted by しんじ、 at 18:53| Comment(0) | 試合を観た感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

「試合を観た感想」2018年5/12・第14節:対横浜FM

スタメン
GK:東口(!)
DF:三浦・菅沼(!)・ファビオ
MF:今野・マテウス
オジェソク(!)・遠藤・藤春
FW:長沢(!)・ファンウィジョ

リザーブ:林・初瀬・高江(!)・倉田・藤本・食野・中村


開幕から6連敗中とアウェーでめっぽう弱い今年のガンバ。

ルヴァン杯ではアウェーの3試合で3戦全勝しており、その実績をリーグ戦でも披露してほしいところ。


今日の対戦相手は、ここまで3勝4分6敗の勝ち点13で15位の横浜FM。

勝ち点で並ぶこのチームを降し、上位に進出したいところ。

なお、今節
磐田対神戸→磐田の勝ち
長崎対名古屋→引き分けか名古屋の勝ち
清水対湘南→引き分け
浦和対鳥栖→引き分けか鳥栖の勝ち
横浜FM対ガンバ→5-0以上など、ガンバの大勝
なら、J2降格圏内から一気に10位まで浮上できるので、是が非でもゴール&勝ち点3がほしい。


4/21の大阪ダービーで頬骨他の骨折をした東口が復帰し、フェイスガードをつけてスタメン出場。
オジェソクと菅沼と長沢が3日前のルヴァン杯に続いてスタメン出場し、3-5-2のフォーメーションで挑んだ。

高江がスタメン出場した4/25の湘南戦以来・リーグ戦では久しぶりにベンチ入りしたほか、直近のリーグ戦ではスタメンで出場していた林と倉田と藤本はベンチからのスタートとなり、谷と米倉はベンチから外れた。


・結果
1-1の引き分け。
☆得点:藤本(後半7分)


「ボール支配率:37%という悲劇★
終始、受けにまわる試合。
過密日程の中・勝ち点1を取る事には成功したが、魅力的な攻撃を魅せるにはほど遠く…」


今年のガンバは4-5-1で試合を戦ってきたが、相手にあわせてか・今日は今季初めて3-5-2のシステムで試合を戦った。

オジェソクや藤春が下がり気味の時は5-3-2のようなシステムだったし、試合開始時はトップ下の位置にいた遠藤が前半終了間際にはボランチよりもさらに低い位置でプレーをした。

その影響もあって前半は相手に失点を許す事はなかったが、システムの成熟度は完璧とは言えず・危ないシーンも何度かあったし、なによりも攻撃がほとんど機能しなかったのが残念だった。

クルピ監督もチームの出来に不満があったようで、ピッチのギリギリのところまで出てきて選手たちに指示を出していた(試合終了後のインタビューで、クルピ監督は「3-5-2は試合の前日に選手たちに言い渡した。練習は昨日一日しただけ」とコメントした。苦笑)


後半も3-5-2のシステムを継続。

途中出場の藤本が、「毎度ながら前に出すぎの相手GK・飯倉の頭上を越える、超ロングシュート」を決めて先制する事に成功したが、そのシーン以外ではほとんどシュートのチャンスもなく・横浜FMに追いつかれた時点で勝ち点3の可能性は限りなく低くなった。

このフォーメーションの完成度が高まれば、長沢・ファンウィジョの2トップはターゲットとしても目立つし、かなり楽しみだと感じさせたが、この試合ではゴールが遠く・代わって入った倉田と中村も決定的なチャンスを作り出す事がほとんどできなかった(特に中村は、ほとんど何もできず。こういう実績のない若手選手を毎試合のように投入→結果に結びつかない事の繰り返しなのが非常に残念。
これが将来の糧になればいいが、現状としては「攻撃の駒不足」感は否めない。
改めて、アデミウソンの不在が痛い…)

横浜FMとしては、「あれだけボールを支配し・シュートも打ち・ピンチらしいピンチはほとんどなく・相手を押し込んでいたのに、勝ちきれなかった…」という後味の悪い勝ち点1のはずで、相手にそう思わせたのは良かったが、首位を独走しているチームにではなく・同じくJ1残留を争うチーム相手にそういう試合しかできないのが情けないし悲しい。

とりあえず今は、W杯による中断期間を利用してのチームの構築と、中断期間明けの連戦連勝が見られる事に期待したい。


・交代について


0-0で迎えた後半開始時、今野に代えて藤本を投入。
今野はリーグ戦にて3試合連続の「45分間限定の出場」となり、まだ足の状態が万全ではない事がうかがえた。

今野の復帰はうれしいが、「45分間限定でしか出場できない選手」が起用されている=同じポジションの他の選手にはもっと頑張ってほしいと思った。

藤本はトップ下の位置に入り、マテウスと遠藤のWボランチとなった。

藤本はチームに勝ち点1をもたらす貴重な今季初ゴールを決めたのは良かったが、フレッシュなのを活かして・さらにもう1点以上をチームにもたらしてほしかった。


クルピ監督が二人目の交代として倉田を準備しているところで直接FKを決められて同点に追いつかれる。

1-1となった直後の後半18分にファンウィジョに代わって倉田がピッチに入り、倉田と長沢の2トップとした。

今日は珍しく2トップのシステムだったので、ファンウィジョ(と長沢)には得点に絡む仕事を期待したが、最後までこの2トップは機能しなかった。


横浜FMが二枚替えを行なうタイミングでクルピ監督は最後の交代カードを切る。

後半24分、長沢に代えて中村を投入。
試合開始時には高さのある選手が2人前線にいたが、高さという武器を捨てて・テクニシャンタイプの選手たちで得点を奪いにいく事になった。

倉田は何度か相手ゴール前に迫り、シュートも放ったが中村はFWらしい仕事をほとんどできず。
チーム全体が守備に追われる中、特徴である「シュートのうまさ」を見せる機会もなく、充分な長さの出場時間を与えられたにも関わらず、特に見せ場もないままに試合終了を迎えた。


この試合の結果、ガンバは勝ち点1を積み上げて14としたものの15位の横浜FMも勝ち点1を得た為順位はJ2降格圏内の16位のまま。

最下位:名古屋との勝ち点差は5と拡がったが、17位の鳥栖との勝ち点差は3のままで変わらず。
posted by しんじ、 at 02:34| Comment(0) | 試合を観た感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする